施術体験会を行いました!


10月16日(土)、千葉県習志野市の京成津田沼駅近くの古民家、みちやレンタルスペースにて、千葉・埼玉・東京より4名の同門整体師が集まり、整体の施術体験会を行いました。

当初3時間の予定でしたが、12名の体験の方々にいらして頂き4時間以上に渡り施術をさせて頂きました。
いらして頂きました皆様、ありがとうございました。
そして、同門の先生方、お疲れ様でした^^

担当させて頂いたお客様は3名の方でした。
他の整体師も同様に言っていましたが、お越し頂いたお客様は身体の緊張が強く、筋肉が硬い方ばかりだったこと。
施術中、「力を抜いて下さい」とお声をかけますが、
「力の抜き方がわからない」
「抜いているつもりでも、どうしても力が入ってしまっている」という方ばかりでした。
これは、普段から無意識のうちに緊張し、心身に力が入りっぱなしということです。

緊張や力が抜けない状態とは、自律神経で言うと交感神経が働いて、興奮状態が続いてしまっているということです。
つまり、常に心身が戦闘状態ということで、休むときに休めていない(自律神経のバランスが崩れている)状態です。
これでは疲労困憊し、不調に陥ってしまうのは想像に難くありません。
心身の疲労を癒し、心身を回復するには副交感神経を働かせ、リラックスした状態になることが必須です。

今回は体験会ということでしたので、深いお話しやリラックス法などのご助言はあまりできませんでしたが、何回か施術を受けて頂いたお客様からは、
「あ、これが力を抜く感覚なんですね!」
とおっしゃって頂くことが多いです。

未就学児代の子供の頃を覚えていらっしゃいますでしょうか?
遊び(動き)疲れてぐっすり眠る。時には食事さえも忘れて深く眠ってしまうこともあったと思います。
現在、小さなお子様をお持ちの方は実感されると思いますが、眠ったお子様を抱っこするのは、起きている時と重さが違うということを。
脱力した身体は重力がそのまま働くので、とても重たく感じます。

そうなんです。小さいお子様は安心してリラックスし、脱力することができるんですね。(そのお子様の環境にもよりますが・・・)
それが、小学校に入り、中学生、高校生、大人になると段々力を抜いてリラックスをすることができなくなってきています。

では、なぜリラックスし脱力をすることができなくなっているのでしょうか?
その大きな原因の一つにストレスがあります。
ストレスは、大きく4つに分類されます。
ここではあまり詳しく書きませんが、
一つは心理的・社会的ストレス。
一般的にストレスというとこのことをイメージされる方が多いですね。
二つめは物理的ストレス。
これは、温度や音、匂いや電磁波などの物理的な環境刺激の事です。
三つめは化学的ストレス。
化学物質(薬物・農薬・食品添加物・香料)や酸素濃度など。
四つめは生物的ストレス。
細菌やウィルス感染など。
これらのストレスが、複合的に常に私たちの心身を刺激しているため無意識に自己防衛的に交感神経を働かせ、心身に力が入り自ら緊張状態をつくっているということです。

今回初めてこの整体をお受けになる方々もいらしたのですが、20分程度の施術を終えると皆様「スッキリした」「このまま眠りたい」「気持ちがよかったー」「体の動きが良くなった!」など様々なご感想をいただきました。
病院への通院や投薬では解決できていない症状をお持ちの方は、是非一度体験して頂きたいという想いを一層強く感じました。

やわら堂は現在一時休業していますが、お困りの方が多くいらしゃることを実感し、少しでも皆様のお役に立てるよう一層精進することを心に刻みました。

ありがとうございます。


1日5分。
心身を落ち着かせ、自律神経を整える瞑想を習慣にしてみませんか?
現在、やわら堂ではYouTube【やわら堂 瞑想の森】チャンネルを開設し、
自律神経を整える 癒しの5分間『瞑想』の動画を無料で公開しています。
毎週月曜23時更新します♪


自律神経整体 体験会を行った整体師
斎藤誠先生   千葉県習志野市 寺子屋整体まこと屋
澤間いづみ先生 埼玉県大宮市  自律神経整体ease 
千葉真一先生  千葉県市川市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

施術体験会を行います